« 活きる | トップページ | またまた【小味園】 »

涙・冬の旅

11月27日 君津文化ホールで シューベルト「冬の旅」全曲 を聴いてきました。

小野 忠雄(バリトン)・小野 楊子(ピアノ)。

お二人共 武蔵野音楽大学のご出身で、千葉県立高校で教鞭をとりがら、合唱指導・全国各地でのコンサートにソリストとして活躍してこられました。

2005年教職をしりぞかれて、音楽人生の始まりのベルが鳴った という感じでした。

もともと すばらしいお声ですが、全曲の訳詩も手がけられたということで ほんとに説得力のある演奏になっていました。

《失恋した若者が 追われるように冬の荒野に向かい旅立つ。

心の中には 失くした娘との想い出の日々が 景色・話し声・笑い声などどと共に次々とかけ巡る。

今の若者の前には 全てが色褪せ それどころか 雲・風・雪・氷、枯葉・からす・犬・道標・家々 全てが冷たく叩きのめそうとして襲ってくるようだ。

希望が消えうせ 生命のみが道ずれの旅である。

最後に 孤独に旅を続ける辻音楽師と出会い 僅かな希望が湧いてくる》

ピアノと歌曲がすばらしいハーモニーを醸し出していて 涙しました。

亡くなった娘が君津・木更津で若い日を過ごした ということがなおさら涙を増幅させた感じがします。

3月30日 杉並公会堂で 「J・S・バッハ;マタイ受難曲 BWV244」(全曲)で イエス をうたわれます。楽しみです。

|

« 活きる | トップページ | またまた【小味園】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205730/10128730

この記事へのトラックバック一覧です: 涙・冬の旅:

« 活きる | トップページ | またまた【小味園】 »