« 夫のGW(その1)・・・記事・夫。 画像・夫、ならびに同行諸氏。 | トップページ | お疲れ様でした!! »

夫のGW(その2) 文:キトリの夫、写真提供:同行諸氏

 (その1)を書いてからひと月近く経ってしまいました。  

時期外れになりましたが、キトリに急かされて(その2)に着手することにします。

 

5月2日は本当に好天に恵まれました。青い空と雪のコントラストをご覧ください。

Cimg8483

Cimg8489

 正面やや左は塩見岳、背景は悪沢岳、赤石岳、聖岳等でしょうか?何れも超3000mの高峰。

066

 

仙丈岳頂上からの鳳凰三山、ここで意見を戴きたいのですが・・・画面の左側に正体不明の物体(UFO?)が写っています。これは一体何でしょう?

083

 

白根三山の中の二つ、北岳(3193m)と間ノ岳(3189m)、この位置(仙丈ケ岳)から農鳥岳は見えません。

084

 

 

本邦一位と二位の高峰が並んでいます。見えるでしょうか?富士山は左後方で遠慮勝ちにしています。

057

 山頂でお昼休み、快晴、無風、ポカポカ陽気で降りたくない気分。でもこれから降りなくてはなりません。ちょうど1000m登りましたので・・・

 一日で1000m登下降したことが過去にあったかどうか?いずれにしてもかなりハードです。

Cimg8501_2

 

 下山途中の小さな登り、これが堪えます。

Cimg8504

 

小仙丈から眺望む中央アルプス。去年11月の木曾駒はどれかな?

060

最後に。

 一番最初に出る筈の記事ですが・・・・

 足元(靴:スカルパアイガー  残雪期にはヘビー過ぎるかも知れません、 結構しっかりしています。使用頻度が少ないので見た目はあまり消耗していませんが、十年を過ぎて・・・山屋さんではソールの張替または靴の買換えを勧められます。

 アイゼン:カジタックス12本爪  近頃はチタンやアルミ製の軽量のものもありますがこれは鋼製、やや重いけれどもそれだけに安心感があります。)Rimg3207

 

携行食です。 今回は山小屋2泊の予定なので昼食のみ、おっと 晩酌が控えめに、 真中にありました。

Rimg3211_2

 

 ザックはドイター40L+10、山小屋泊2~3日に丁度いいサイズ、軽量なのと通気性が良さそうなところがグッドです。(それと安価)。

Rimg3216

季節外れの記事を長々と失礼いたしました。

 

 

|

« 夫のGW(その1)・・・記事・夫。 画像・夫、ならびに同行諸氏。 | トップページ | お疲れ様でした!! »

」カテゴリの記事

コメント

♪さるぼぼさん
 晴れ男でもないんです。
 今回だけでしたね、こんなことは。
 どちらかと言えば雨男かも・・・思い起こせば相当ひどい目にあっています。
 又そのうち記事にします。

投稿: kitoriの夫 | 2009年6月 9日 (火) 23時15分

今年のGW、こんなに晴天に恵まれるとは、
晴れ男なんですね~。
アイゼンのカジタンはダンナさんと同じです。
頑丈だから安心なんだって言ってました。
去年の夏、縦走中に靴にテーピングぐるぐる巻きの人がいました。
縦走中にソールが剥がれる悲劇もありますので、
チェックだけは怠らずに・・・。

投稿: さるぼぼ | 2009年6月 8日 (月) 22時04分

mimoさん 
 ありがとうございます。
 余裕に見えますか? 事実は息も絶え絶えで、家に帰って2~3日は足腰立ちませんでした。
 
 少し時間が経つと苦しかったことは忘れて又行きたくなりますが・・・。
 

投稿: kitoriの夫 | 2009年6月 6日 (土) 17時18分

こんにちは!
一枚目、二枚目の空の青さsunが最高ですね!仙丈ヶ丘頂上のお写真3000m級の高さなのに、腕をくんでるお姿fuji余裕さえ感じます!!さすがです!!山になれているんですねvirgo

投稿: mimo | 2009年6月 5日 (金) 10時14分

nikkinさん
 家に帰ってから気がついたんですけどホントに何なんでしょうね?  雪虫がたくさんいたんですけど・・・飛行機でもないようだし?
 それからもう一枚何か写っているのがありましたが、拡大して見たところ多分鳥だろうと思います。
 今度拡大写真を載せてみましょうか?

投稿: kitoriの夫 | 2009年6月 3日 (水) 11時18分

ららんさん 
  初めの二枚は色が少し極端な感じですね。加工とかはしてないんですけど・・・

投稿: kitoriの夫 | 2009年6月 3日 (水) 10時58分

 DIONさん
 今回の仙丈ケ岳はそんなにヤバイところはありませんでした。同行の一人はストックだけで済ませました。
 私は小屋に残してきたので・・・(歩くためだけならピッケルよりストックの方が良いですね)。
 好天と荒天は過去の記憶だと大体半々です。三日間良い天気だったのはホントに珍しいです。

投稿: kitoriの夫 | 2009年6月 3日 (水) 10時04分

UFOは撮った後で気づいたのですか。他にも写真はたくさん撮られたと思いますが、これ1枚だけに撮れているのですか。多分両方ともyesですよね。
うーん、面白い!

投稿: nikkin | 2009年5月31日 (日) 17時04分

空は、上空ほど青い、ということを感じました。
UFOですかね?
宇宙人さんも、あまりの快晴に
ドライブしてのでしょうか・・!?
しかし、登山って、綺麗で恐いですね。

投稿: ららん | 2009年5月31日 (日) 10時23分

美しい青空と雪、素晴らしいと思いつつ、
こんな道を歩かれていらっしゃると思うと恐怖を感じます。(すみません。)
装備は計量化を図っても予備の食べ物などいろいろ考えて準備されるのですよね。
お天気に恵まれて素晴らしい登山ですね。

投稿: DION | 2009年5月31日 (日) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/205730/29870589

この記事へのトラックバック一覧です: 夫のGW(その2) 文:キトリの夫、写真提供:同行諸氏:

« 夫のGW(その1)・・・記事・夫。 画像・夫、ならびに同行諸氏。 | トップページ | お疲れ様でした!! »