初歩き ほんとに久しぶりです(byキトリ)

4日 高尾山を歩いてきました。

一昨年の9月に「瑞牆山」を歩いて以来ですから・・・

        山頂からの富士山です

Dsc_3439

       スカイツリー ですよね(クリックしていただくと微かに・・・)

Dsc_3410

      「さんまんきれい?」って小学生が言ってました

Dsc_3412

      「水行」の場です

Dsc_3455

     天狗さんお二人(?)

Dsc_3434

Dsc_3431

      3号路を下りてきました

Dsc_3408

     膝痛(半月板損傷)が辛かったです

     これで筋トレやってます

008

| | コメント (6) | トラックバック (0)

瑞牆山

 一日目の夜 
キャンプ場は夜中12時を回るまで賑やかでした。

 私はと言えば
夜半過ぎから腹痛が始まり通うべきところに通うはめに・・・

 朝になっても治まらず
「廻り目平」が私を離さないのか「瑞牆山」が私を拒否しているのか。

「単なる食い意地のせいじゃない?」と誰かが(`ε´)

 その日はせっかくの好天だったのですが
諦めることにし
22日に登ることにしました。

 瑞牆山荘から100mのところにある駐車場に車を止め歩き始めました。

 ももたろう岩です。

026

 おおやすり岩が見えてきました が・・・

Rimg4164

 こんなところ大好き( ^ω^)おっおっおっ

029

 でも 山頂は楽しかったです。

Rimg4169

038

045

 そして夜のお楽しみo(*^▽^*)o

放火ではありません(笑)

Rimg4121

Rimg4145

 これはどうしてもはずせない(・∀・)ニヤニヤ

Rimg4122

 失敗作も(´・ω・`)ショボーン

Rimg4117

 そして23日

40キロ超の渋滞の中 家路についた私たちでした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

廻り目平 

 9月20日 高速は凄い事になってるだろうなー と思いながら出発しました。

行き先は長野県川上村の廻り目平
案の定 首都高を抜けた途端からなんと談合坂を過ぎるまで
5時間位かかったでしょうか。

 まあ 時間に余裕のあるシニアですし、予約がしてある訳でもなくお気楽にヽ(´▽`)/

 廻り目平は素晴らしい天候で迎えてくれました。

008_2

025

 その中で微妙に場違いな感じはしますが・・・
「冗談じゃないよ」って言っているようないないような モムーリ!o(゚Д゚)
なにせ 駐車場は斜面・砂利の悪条件なのです。

Rimg4100

 まあまあ となだめながら(そんな訳ないです)テントを張り終えました。
連休二日目ということと時間が午後になってしまったので
あまり良い場所とは言えません。

Rimg4108

 周りにも沢山のお仲間がいらっしゃいます。
今回 全体では3~40張り位はあったでしょうか。

Rimg4106

Rimg4153

 若い人はこんな楽しみ方もしていらっしゃいました。
いまどきの流行りのようです。

Rimg4119

 この画像 岩に取り付いているクライマーが4人。
見えますか?
そう ここはクライミングのメッカなのです。

Rimg4113

我が家にしては豪華な夕食です。
廻り目平のキャンプ場は金峰山荘の管理で
(長野県ではきんぽう、山梨県側ではきんぷ)
バーベキュー一式、ダッチオーブンも借りる事が出来ますが
今回は卓上コンロと餅焼き網で( ̄Д ̄;;

Rimg4103

 

 「今回こそは 瑞牆山に登るぞ」 
(10年前は「金山平」でダウンしており、
昨年は登山靴を忘れて廻り目平でお留守番の憂き目をみていたのです)
との意気込みで眠りについたのですが・・・・・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

槍ヶ岳第3日目(8月14日) キトリ夫記

 朝4時起床、既に多くの人が起きだしてバタバタ支度をしています。

 昨夜の予報に反し快晴、取りあえずサンダル履きで山荘の前のテラスに出てみました。

 真黒な槍ヶ岳の姿が大きい。写真では余り見えませんが頂上を目指すヘッドライトの行列が続きます。頂上にはかなりの人影が・・・・・

025

 少し明るくなったらこんな感じ

031

 日の出です。

 ぴったり穂先の基部に太陽が顔を出しました。感動の瞬間です。

040

 昨日、土砂降りの中を登って来た槍沢、左手に殺生ヒュッテ。

 051

 朝食後、この穂先を目指します。

056

 

 

 混雑しているので、途中 写真を撮る時間があります。

 小槍と硫黄尾根、遠くに水晶・薬師

057

 こんなところを登ります。

060 

 頂上直下の梯子

099_2

 3180m 槍ヶ岳登頂、祠の傍でツーショット。来年の年賀状はこれ!!

069

 頂上からの展望

   北鎌尾根独標、さすがに難しそうですね。

072

  笠ヶ岳(堂々とした姿、存在感十分)、左下は昨夜お世話になった槍ヶ岳山荘。

080

  穂高連峰(左から前穂、北穂、奥穂、西穂)右奥は焼岳、乗鞍岳、御岳山、今日は手 

 前の稜線を歩きます。

093

  蝶ヶ岳から見た稜線はなだらかに見えますが、実際に歩いてみるとこんなところもあっ   

 てなかなか手ごわい。

 116  

  中岳付近から(このアングルからの姿、好きです)

117

  分岐付近からの天狗原、雪がたっぷり。(ここからの降りは鎖、梯子、岩場の連続で

 緊張を強いられます。(しかも人影が少なく なにかあったとき助けてくれる人がいない)

  慎重に・・・

119

  槍ヶ岳の姿が変化してきました。(傾いていたのが真直ぐに)

124

  天狗池に映る槍ヶ岳(この写真撮りたかった)。

130

忘れた頃になってのUPになってしまいましたが、心に残る山行きでした。

  

  

  

 

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

槍ヶ岳(第2日)

 05:00起床、朝食(ホントに粗食です)後06:45出発、小雨。

 

 今日は槍ヶ岳山荘まで標高差約1400mを登ります。

第2回目(平成15年ゴールデンウイー

ク)は、今日と同じように横尾出発、やっとのことで

殺生ヒュッテに辿り着きました。

Rimg3952

 

 槍見河原まで来ました。もちろん今日は見えませんが・・・               

Rimg3955_2

 

槍沢ロッジで小休止、コーヒーが美味しい。

                                                    

Rimg3964

 雨は次第に強くなり視界は殆どゼロ、槍沢に雪渓が現われました。霧が発生しています。

Rimg3967

 

坊主の岩屋付近でしばし休息、先人の苦労が偲ばれます。苦労とは思っていなかったかも

れませんが・・・

Rimg3974

Rimg3975

   殺生小屋分岐まで来ました。悪天候のせいもあって少し暗くなってきました。      

 

 ここで宿泊しようか槍ヶ岳山荘まで頑張ろうか正直迷いました。ここで我が家の嫁さんのひ

とこと「行こうよ」 これで決まり。

  大雨の中槍ヶ岳山荘到着、今日は一日雨の中を歩いたので全身、靴の中までびしょぬれで

 す。(何故ここまで濡れたのか? 妻は平気だったのに・・・?)

  

  山小屋の従業員の方の指示で 「雨具、ザック、靴は乾燥室に持ち込まないように」との

 こと。ところが後刻乾燥室に行ってみると全く守られていないことが分かり、一寸とがっか

り。

  

(小屋の決まりは、余りの取違えの多さ、到底全員は乾燥室を使えないので、肌着、靴下、  

ウェアに限るとのことのようです。)

 二日目はここまで。

三日目は又後日。ひっぱりますが 晴天に恵まれ最高でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

槍ヶ岳(byキトリ夫) その一(上高地~横尾)

 

 三度目の槍ヶ岳です。(妻は初挑戦)

 1回目

  平成910月 夜行列車利用(槍沢ロッジ、横尾山荘泊)。

  吹雪と強風、ガスのため登頂を断念、槍ヶ岳山荘から下山。

 2回目

  平成15年ゴールデンウイーク 特急あずさ利用(横尾テント、殺生小屋泊)。

  登頂成功。

 *横尾テントも雪の中

2

 

 * 6年前の登頂断念の後だけにやっぱり嬉しさは隠せません。

1

 

 3回目

  平成218月12~15日バス利用(横尾テント泊、槍ヶ岳山荘、横尾テント泊。

  (今回は前回より日程に余裕を持たせ三泊四日としました。)

 1 

  7;30 新宿バスターミナル出発。

Rimg3924

 12;45 沢渡着。シャトルバスを待ちます。

Rimg3925

 1330 上高地着。 途中の渋滞で予定より1時間30分程遅れました。

 登山計画書を書き、昼食を摂ります。おやきとカレーパン。

(このカレーパンに妻はいたく感激)。

Rimg3926

Rimg3927

 14;20 明神到着。

Rimg3934

Rimg3933

 途中では楽しく写真撮影もしました。

Rimg3932

 明神は夏の上高地を楽しむ人も足を延ばしています。

006

 




 3;15 徳沢到着。

 某大学医学部山岳会の人達のアンケートに協力(血圧・128-118という結果に???)

 「全面モザイクでお願いします」と言われました。

Rimg3942

Rimg3943


 
ここ徳沢は宿泊者ではなくても食事も出来るしお風呂も入れます。

Rimg3939





 5;45 横尾到着。あちこちで写真を撮ったりお喋りをしたりしてこんな時間になりました。

Rimg3947

 テント場はまだまだ余裕があります。

 平らな場所を探して、結局横尾大橋の下付近になりました。

 以前 確かこの辺りにテントを張った記憶があります。

Rimg3949


 横尾山荘ではテント泊者は食事もお風呂も使えません。

 ので、こんな晩餐です。

Rimg3951

 この日は比較的暖かく気持ちよく眠りにつくことができました。

 明日の天気予報はあまり良くないのですが、

 槍ヶ岳山荘を目指します。

 



 






      

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

槍ヶ岳に行って来ました。

 無事に帰って参りました。

後日 た~~ぷりと載せますので遊びに来てくださいね。

070

| | コメント (16) | トラックバック (0)

槍を目指して・・・

 8月12日に出発。

12日・・・横尾でテント泊。

13日・・・槍ヶ岳山荘泊。

14日・・・槍ヶ岳山頂を目指し、横尾まで下山 テント泊。

の予定です。

 近頃何かと話題の中高年登山。

気をひきしめ、体調、天候に配慮して行って参ります。

 夫のバックパック11キロ。

 妻のバックパック6キロ。

Rimg3923

| | コメント (8) | トラックバック (0)

久し振りの山

 少し前 いいえだいぶ前ですが 大岳山 に行って来ました。

マンションのエレベーターが壊れたことにして11階を昇降訓練をして臨みました。

いつも下りで膝が痛くなるのですが、最初の一時間は大丈夫でした。

 御岳駅からバスに乗り、

あれを走る電車に乗って行きます。

Rimg3426

 電車から降りて 「さあ 今日はどの道を歩こうかな~」と旦那さん。

Rimg3434

 この日は10人位のグループ2組と前になったり後になったり・・・

なのでこんな渋滞も度々でした。

Rimg3472

Rimg3483

Rimg3473

 頂上には来ましたが何も見えません。

Rimg3484 

009

 

 そして

御岳山・大岳山の花々です。

あらかた名前は分りません(;ω;)

「こあじさい」

Rimg3504

Rimg3502 

「ぎょりんそう」

Rimg3461

 実家の方では「おぼろいちご」と言っていました。

熟れると美味ですhappy01

Rimg3451

Rimg3452

Rimg3453

 これも熟れれば美味しい「桑の実」←おぼろいちごと共に子供の頃は食べるのが楽しみでした。

Rimg3514

 名前を知らない植物たちです。

Rimg3510

Rimg3505

Rimg3497 

Rimg3498

 そして御岳の蝶。

Rimg3435

 麓の花々。

Rimg3438

Rimg3440

Rimg3441

 そして

「これ何?カエルの卵?」「下に水がなきゃ無理だろー 」と・・・

Rimg3456

 

 最後にバス亭からバスに乗って武蔵五日市から帰ります。お土産を持ってhappy01

Rimg3516

Rimg3522

| | コメント (16) | トラックバック (0)

夫のGW(その2) 文:キトリの夫、写真提供:同行諸氏

 (その1)を書いてからひと月近く経ってしまいました。  

時期外れになりましたが、キトリに急かされて(その2)に着手することにします。

 

5月2日は本当に好天に恵まれました。青い空と雪のコントラストをご覧ください。

Cimg8483

Cimg8489

 正面やや左は塩見岳、背景は悪沢岳、赤石岳、聖岳等でしょうか?何れも超3000mの高峰。

066

 

仙丈岳頂上からの鳳凰三山、ここで意見を戴きたいのですが・・・画面の左側に正体不明の物体(UFO?)が写っています。これは一体何でしょう?

083

 

白根三山の中の二つ、北岳(3193m)と間ノ岳(3189m)、この位置(仙丈ケ岳)から農鳥岳は見えません。

084

 

 

本邦一位と二位の高峰が並んでいます。見えるでしょうか?富士山は左後方で遠慮勝ちにしています。

057

 山頂でお昼休み、快晴、無風、ポカポカ陽気で降りたくない気分。でもこれから降りなくてはなりません。ちょうど1000m登りましたので・・・

 一日で1000m登下降したことが過去にあったかどうか?いずれにしてもかなりハードです。

Cimg8501_2

 

 下山途中の小さな登り、これが堪えます。

Cimg8504

 

小仙丈から眺望む中央アルプス。去年11月の木曾駒はどれかな?

060

最後に。

 一番最初に出る筈の記事ですが・・・・

 足元(靴:スカルパアイガー  残雪期にはヘビー過ぎるかも知れません、 結構しっかりしています。使用頻度が少ないので見た目はあまり消耗していませんが、十年を過ぎて・・・山屋さんではソールの張替または靴の買換えを勧められます。

 アイゼン:カジタックス12本爪  近頃はチタンやアルミ製の軽量のものもありますがこれは鋼製、やや重いけれどもそれだけに安心感があります。)Rimg3207

 

携行食です。 今回は山小屋2泊の予定なので昼食のみ、おっと 晩酌が控えめに、 真中にありました。

Rimg3211_2

 

 ザックはドイター40L+10、山小屋泊2~3日に丁度いいサイズ、軽量なのと通気性が良さそうなところがグッドです。(それと安価)。

Rimg3216

季節外れの記事を長々と失礼いたしました。

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)